支払いを円滑にする

陽の入る寝室

住宅ローンが払えなくなった場合、家を差し押さえられ競売にかけられます。でも、競売にかけられて家が売却されても住宅ローンの支払いが残っていればそのまま支払いを続けることになります。少しでも住宅ローンの返済を少なくするには任意売却がお勧めです。住宅ローンの支払いが無理だと分かった時点で任意売却することを考えて下さい。家を任意売却すれば競売にかけられるよりも高い値段で売ることができます。通常の不動産売却と変わらないので市価に近い値段で売却することができます。そうなれば残った住宅ローンの支払いも少なくなり楽に支払うことができます。また、残りの住宅ローンの支払いの仕方を債権者と相談をした上で今の現実にあう支払い可能な額まで少なくすることも可能です。

任意売却の平均価格はどれくらいでしょうか。競売にかけられるよりは高く売れることのほうが多いです。売り主に売らない選択肢はありません。安く買いたたかれてしまいそうです。でも、物件には債権者がいます。債権者が納得するしないと売却することができません。売り主の売りたい価格、債権者が回収したい価格などを考慮して任意売却の価格は決められることになります。とは言っても、買主がいるから売れるのであって、売り主の望む値段で売れるかどうかはわかりません。不動産には相場というものがあります。この不動産なら大体このくらいで売却できるという価格があります。よって、その価格を大きく外れていた場合は売却することが難しくなります。やはり、売れる価格に持っていくことになります。